公立保育園以外で残業がない保育士求人とは?

公立保育園以外で残業がない保育士求人とは?

公立保育園勤務となる公務員保育士は、残業が少なく、勤続年数により給与が上がっていくので、人気の求人となっています。

しかし、そのため求人競争倍率がとても高く、非公開求人での募集はほぼありません。

公務員として勤務するためには、公務員試験の合格が必要です

公務員試験は一次試験、二次試験の2回に分けて行われています。(地域によっては三次試験を行う場合も)

また、公務員は定期的に人事異動があります。

残業や給与面にて魅力的で人気の高い公務員保育士ですが、試験、求人競争倍率、異動など、それなりの高いハードルがありますよね。

そこで、残業を気にする必要がないのが保育士派遣なのです。

派遣社員の1日の労働時間は8時間まで

派遣者労働法により、派遣社員の法定労働時間は、「1日8時間、1週間40時間」と定められています。

会社と個人の契約である直接雇用であれば、法定労働時間が守られないリスクがありますが、派遣社員であれば、派遣先の会社と派遣会社との契約になるため、そのリスクが抑えられます。

派遣社員は正社員よりも、派遣者労働法により守られています

派遣社員の1日の労働時間は8時間まで

派遣社員の残業を避ける

残業となると、残業手当というコストがかかります。

かといって、派遣会社との契約違反になるため、派遣社員のサービス残業は厳禁です。

「コストはかけたくない」というのが保育園の本音です。

そこで保育園側としては、可能な限り派遣社員に残業をさせることを避けようとします

派遣社員の残業を避ける

残業手当があれば残業も嬉しい

1日の労働時間は8時間と派遣者労働法では定められていますが、超過した場合は残業手当を付けるということも定められています。

そのため、毎月固定の給与で残業をする正社員とは異なり、勤務時間に見合った給与が支給される派遣社員は、残業をすることが嬉しいこととなります。

残業手当は派遣会社により異なりますが、なかには残業中の時給が30%も上がる職場も!

残業がネックな保育士の仕事ですが、派遣社員なら残業が嬉しくなりますよね!

今の職場のサービス残業に不満がある方は、派遣という働き方も検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめの保育士派遣会社はこちら

Copyright(c) 保育士派遣会社ランキング All Rights Reserved.